Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメビジネスについてのメモ

「深夜枠で宣伝して、DVDを売って儲ける」というアニメビジネスつかバブルはすでに弾けて、売れる作品と売れない作品の差がとんでもなく大きくなっています。ゴンゾの崩壊がある意味、最後のイベントでした。

最近は、劇場版アニメの本数が増えており、人気の高い作品で効率よく儲けようという動きが鮮明になっています。ゲーム業界で言うところの「本数の絞り込みと大作化」みたいなもんですね。

『咲-Saki-』『鋼の錬金術師』の田口浩司プロデューサーが語る、儲かるアニメの作り方
販促としてのアニメという点では、ライトノベルやコミックを売るという出版サイドの話がよく出ますね。U局や動画サイトで、放送コストを下げる動きもありましたが、下記の記事を読むと、また風向きが変わってるんでしょうかね。ポジショントークの類かもしれませんが。
『アニメ局』開設 テレ東の戦略は? 田村明彦局長に聞く

アニメの原作として美少女ゲームが多かった時期もありますが、アニメを放送してもゲームの売上が上がる事って、あまり無いんですよね。ゲーム発売→人気があるのでアニメ化→発売から1年以上経過してるので、売上は上がらない、という流れです。PS2『うたわれるもの』のように、ネットラジオの方がまだ販促効果としては大きいかもしれません。

「プリンセスラバー!」原作が今非常に売れている件
この記事で指摘されているとおり、『プリンセスラバー!』がアニメの影響で売れていて、注目を集めています。他のケースを挙げるなら、『恋姫無双』→『真・恋姫無双』のように続編が出る場合には、それなりの効果があった、と言えるかも。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。