FC2ブログ

 

Latest Entries

『テイルズ オブ ヴェスペリア』、初日で

PS3「テイルズ オブ ヴェスペリア」初日で14.7万本を販売
発売初日の売上が14万7000本で、Xbox360版の約2倍の売上を達成しました。
360版と同様の売上ペースで推移するなら、累計30万本の突破は確実で、35~40万本に届きそうです。HDテイルズの合計数がハーフミリオンを突破する可能性は非常に高そうですね。

やはりテイルズファンが多いのは、PSフォーマットのようです。
実際に出てみれば、数字ではっきり裏付けられます。


一方、『アイドルマスター ディアリースターズ』は初日で2万本と、不安要因があったものの、『ラブプラス』の初日売上と同等程度でした。クチコミでまたたく間に火が付いた『ラブプラス』のように本数を伸ばせるか、それとも止まってしまうのか。

最近発売された『アイマス』作品では最低の売上だったのも事実。Xbox360『アイドルマスター ライブフォーユー!』が2万8000本。PSP版が『パーフェクトサン』が3万3000本、『ワンダリングスター』が2万4000本、『ミッシングムーン』が2万8000本でした。アイマスファンはやはり画質に厳しい傾向を感じます。

現状は、画質の低さを乗り越える熱心なファンだけが動いているように見えます。しかしバンダイナムコの本来の目標は女児層のようなので、そこが動くかどうかが。現時点では動いている気配をまったく感じませんが・・・・。

DSで女児層なら『ガールズモード』や『トモダチコレクション』がありますし、PSPの『初音ミク』も女児ユーザーを取り込んでるみたいですからね。そういう状態で『アイドルマスターDS』を選ぶユーザーがどれほどいるか。ひとまず初週の動向を注目したいですね。

スポンサーサイト



«  | HOME |  »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター