FC2ブログ

 

Latest Entries

CANAAN 第1話 洪色魔都

『CANAAN』の第1話を観た。

CANAANとは

まずは作品の解説から始めよう。
『CANAAN』は去年の年末にWiiで発売された『428』のスピンアウト作品で、TYPE-MOONの奈須きのこ氏が書いたボーナスシナリオの世界観をベースにしている。

制作はP.A.ワークス。代表作『true tears』では、富山の田舎町を舞台にした等身大の高校生の恋愛を描いてみせた。主人公たちの恋愛模様だけでなく、田舎町の空気感、美しい風景、そこにある伝統、住む人たちの息遣いを生っぽく表現していた。

「街」の事実上の続編である『428』をアニメ化するに際し、最もふさわしいスタジオかもしれない。実際、期待は裏切られなかった。画面を通して、祭りで高揚している上海の人々の熱気が活き活きと伝わってきた。作画もすばらしく、マリアは天然に磨きが掛かって可愛らしく、アクションシーンもかっこいい。映像面では期待以上の仕上がりだ。マムルのかぶり物をした男など、チュンソフトファンがニヤッとするネタも仕込まれている。

しかし残念な部分もある。

第1話に主要な登場人物を詰め込みすぎたため、『428』をクリアしてない人には、ついていくのが少々つらかっただろう。視点の切り替わりも多く、描き方も「複数の1人称」というより「俯瞰的」で、キャラクターへの感情移入も難しい。

もしかすると「1話切り」する人も結構いるかもしれない。映像的な魅力は十分なので、2話までは観てくれるのではないか、とは思うが・・・・。どうか観てほしい。試写会で2話までやったらしいので、そこまで観れば、話が見えてくるはずだ。
全文を表示 »
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

2009-07

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター