Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『モンハン3』、ミリオン出荷確定

カプコンの人気シリーズ最新作『モンスターハンター3(トライ)』の
初回100万本出荷が確定!


上記のプレスリリースをカプコンが発表。
初回100万本の出荷が確定し、『ドラクエソード』を越えて、日本国内におけるサードパーティ最高出荷本数を記録しました。強気な出荷本数ですが、任天堂の本気プッシュもありましたからね。「サードパーティの実績を作らないといけない」っていう任天堂側の事情も透けて見えます。

任天堂がここまでサードパーティに協力姿勢を示したのは、かなり異例ですね。強いソフトをもつソフトメーカーがハードメーカーから有利な条件を引き出すという好例でしょう。(参考:「必死な夏、モンハンの夏」に見るソフトメーカーとハードメーカーの関係の変化

とはいえ、他陣営の看板タイトルを引っ張ってくることばかりに力を入れて、そのプラットフォームならではのタイトルの芽を育てなければ、所詮そのタイトルが売れただけで、しばらくすれば、荒野に戻ってしまいます・・・・。

親任天堂だったマーベラスが「死にたくない!」と悲鳴をあげたり、昨年から今年の前半にかけてWiiのソフト市場が低迷したのも、一部の大型タイトルだけで市場を引っ張ろうとしたソフト政策の失敗によるものです。

大型ソフトというカンフル剤を投入して市場が盛り上がっている間に、プラットフォーム独自の新しいタイトルを育てていけるかどうか。その点も注目です。


ところで実際どれぐらい売れるんでしょうかね?

僕は買うつもり無いので、新要素についてはさほど詳しく知りませんが、クラコンPRO版ならこれまでに近い操作感で遊べるし、いいんじゃないでしょうか。うちのブログ経由でも、なかなか予約が集まっています。

モンスターハンター3(トライ) クラシックコントローラPRO【クロ】パック(特典無し)

スポンサーサイト

海外でも深刻化する、マーケットの分化

ゲームメモ:任天堂はサードパーティー製のコアゲーマー向けゲームがなぜ売れないのか分からない
北米で発売されている「MadWorld」や「The Conduit」といった任天堂プラットフォームのサードパーティー製のコアゲーマー向けゲームが、評価が高いものであってもあまり売れない理由はハッキリとは分からないそうです。

そしてはてなブックマークでの反応がなかなか興味深いですね。
「とらのあな原宿店」のたとえは痛快。
全文を表示 »

魔法少女リリカルなのは、PSPで初めてのゲーム化。劇場版のドラマCD付き前売り券は2バージョン

魔法少女リリカルなのはがPSPで初のゲーム化&劇場版は1月公開予定
『A's』をベースにした対戦格闘で、プラットフォームはPSP。
基本的な内容、ジャンル、プラットフォーム選択、いずれも妥当極まりない感じ。
発売はもちろんバンダイナムコ、さすが、わかってらっしゃる。

劇場版は来年1月。
ドラマCD付き前売り鑑賞券は、なのは版とフェイト版の2種類。
まさか前売り券で2バージョンとは、どんだけ・・・・
くくく・・・・
ふははははは・・・
どんだけ・・・・
くくく・・・・
ふははははは・・・
どんだけ素敵なアイデアなのか。

堂々と2度観にいく言い訳ができるわけで、ファンとしてはむしろ歓迎。
全文を表示 »

紳士の寝具

電撃G's Festival! COMIC Vol.7 2009年 09月号 [雑誌]
買ってしまった、抱き枕何本目だよ、俺?
そろそろ専用クローゼットが欲しくなってくるぜ。

今週の新作 『モンハン3』発売!『ToHeart2』発売!『けいおん!』第1巻発売!

個人的には『ToHeart2』以外、興味ないんですが、世間的には『モンハン3』ですかね? 『けいおん!』も忘れちゃいけないですね。
全文を表示 »

ひゃあっ、時価総額300億円かよ

クックパッド、初値は公開価格2倍超の1万9100円に
「200億も狙えるかも」的な噂はあったけど。
事前の期待を上回ってきたなあ。
つか、株価がまだ上がってて、一時期300億円越えてたのか。すごい。
全文を表示 »

夏商戦はなかなか目が離せない

注目してるのは『初音ミク プロジェクトディーヴァ』、『Wiiスポーツリゾート』、『ドラクエ9』の売上かな。
全文を表示 »

UGC界隈について、ちょいとメモ。

まとまってません、適当です。
全文を表示 »

あなたの精神に最高の「眩暈」を 『紫色のクオリア』

この読後感には参った。
超高速のジェットコースターに乗った後のような、地に足がつかない、おぼつかない感覚がまだ残っている。まだ現実に帰ってきてないんじゃないだろうか。そんな馬鹿げた不安を感じるほど、「眩暈」をおぼえるような極上のSFだった。

この本を読んでしばらくは、現実感が希薄になってしまって、このままでは現実には帰ってこれないかな、という気がして、ネットを見るのもやめて、他の小説や漫画なんかをぱらぱら読みながら、少しずつ心を現実に慣らしていった。

紫色のクオリア (電撃文庫)
全文を表示 »

ドラクエはプレイ完了。アニメは『うみねこ』と『化物語』かな。

生存報告がわりに投稿してから、さらに1週間が過ぎましたね(笑

連休中にドラクエはクリアして、宝の地図探しで遊んでおりました。
色々な意見はあるかもしれませんが、ドラクエクオリティを存分に感じる出来です。

やはりドラクエともなると、すれ違いで引っかかる人数も半端なく、すれ違いは地味にうれしいですねえ。わざわざ大手量販店や、マックまで出かけた甲斐がありましたね。ついでにロッテリアの絶妙バーガーなんぞも食ってきました。
全文を表示 »

『ドラクエ9』プレイ中につき、更新が滞ってました

気がつけば、前回の更新から1週間経ちますね。
まあ生存報告がてら、更新。

先週はPSP『初音ミク』とDS『ドラクエ9』をやってました。
あと『神様のメモ帳4』とか、ラノベ読んでました。

ドラクエに関しては、発売前の不安な噂を吹き飛ばし、いかにもドラクエらしいドラクエ。5年ぶりの本編を堪能しております。色々な意見はありそうですが、紛れもないドラクエ・クオリティ。
全文を表示 »

CANAAN 第1話 洪色魔都

『CANAAN』の第1話を観た。

CANAANとは

まずは作品の解説から始めよう。
『CANAAN』は去年の年末にWiiで発売された『428』のスピンアウト作品で、TYPE-MOONの奈須きのこ氏が書いたボーナスシナリオの世界観をベースにしている。

制作はP.A.ワークス。代表作『true tears』では、富山の田舎町を舞台にした等身大の高校生の恋愛を描いてみせた。主人公たちの恋愛模様だけでなく、田舎町の空気感、美しい風景、そこにある伝統、住む人たちの息遣いを生っぽく表現していた。

「街」の事実上の続編である『428』をアニメ化するに際し、最もふさわしいスタジオかもしれない。実際、期待は裏切られなかった。画面を通して、祭りで高揚している上海の人々の熱気が活き活きと伝わってきた。作画もすばらしく、マリアは天然に磨きが掛かって可愛らしく、アクションシーンもかっこいい。映像面では期待以上の仕上がりだ。マムルのかぶり物をした男など、チュンソフトファンがニヤッとするネタも仕込まれている。

しかし残念な部分もある。

第1話に主要な登場人物を詰め込みすぎたため、『428』をクリアしてない人には、ついていくのが少々つらかっただろう。視点の切り替わりも多く、描き方も「複数の1人称」というより「俯瞰的」で、キャラクターへの感情移入も難しい。

もしかすると「1話切り」する人も結構いるかもしれない。映像的な魅力は十分なので、2話までは観てくれるのではないか、とは思うが・・・・。どうか観てほしい。試写会で2話までやったらしいので、そこまで観れば、話が見えてくるはずだ。
全文を表示 »

これはゲーマーの勝利というべきかな?

優良タイトルが続々移植、ここ数ヶ月で急に勢いづいてきたPS3
ファミ通の読者に支持された他ハードの優良タイトル2本がPS3に移植という結果に
Xbox360でもっとも評価の高かった『テイルズ オブ ヴェスペリア』、Wiiで一番評価の高かった『428』。どちらもこの秋にPS3版が発売されます。ゲーマーが支持する上位3タイトルがすべてPS3で遊べてしまう。それって、凄いよね。

もはや1つのハードに「すべてのゲームが集まる」時代ではないものの、「ほとんどの優良ゲームは集まる」「ゲーマー向けタイトルの大半は集まる」かもしれない。そういう期待感を持った人もいるんじゃないでしょうか。

それにしてもこの3本、いずれも独占タイトルであるかのように言われていたのですが、結局それを貫いたのは『MGS4』だけですか。ファンに対して正しくメッセージを発し、有言実行を続けていくのがどれほど難しいか。「好きを貫く」難しさを感じますね。

ゲーム会社も頑張ったし、PS3を支え続けてきたゲーマーの勝ち取った成果でもある。「ゲーマーが多いプラットフォームはどこか」を自らの購買活動を通して、証明してみせたのですから。まさしく真の意味でのゲーマーの民主的勝利ですね。

次は『アイマス』でしょうか?
来年発表の『続編』まで待たなくてはいけないのかもしれませんが、おおいに楽しみ。


個人的には『428』の売り方について色々と思うこともありますが、大局的な流れの一環、言うなれば「天意」のようなもの、と受け止める気持ちが必要かもしれませんね。失敗した人達にも、新しいマーケットでやり直す機会は与えられるべき。無論、「誠意」を示して成功を掴むか、誠意を示さずに過ちをくり返すかは、当人達の選択次第ですし、今の所は「誠意」に欠けているように思えますがね。

メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット PLAYSTATION 3 the Best テイルズ オブ ヴェスペリア(初回封入特典:スペシャルバトル先行ダウンロードカード同梱)

428 封鎖された渋谷で (PS3版)
428 封鎖された渋谷で (PSP版)


『428』がPS3とPSPで発売決定

9月発売予定。

最初から出せ!
と言いたい気持ちが沸いてきますが、PSユーザーにとっては朗報でしょうね。

アニメ『CANAAN』の放映中に発売されるのはいいことで、アニメファンにとってはうれしい展開。TYPE-MOON担当の部分をボリュームアップしてくれたらなあ・・・・。

うーむ。
最初からPSフォーマットで出していれば、10万本越えは狙えたでしょうが、僕のようにWii版を渋々買ったユーザーも少なくないはずで、実際の所、どれぐらい売れるんでしょうか。基本的に追加要素なし、というのはちょっとね・・・・。

それだったら、最初からマルチで出すべき。後から出すなら、完全版と銘打てるほどの追加要素がほしい。買いたいという気持ちを抱くファンに対して、「これは買う他無いな」「マストバイだね」と感じさせる背中を押してくれる何かがほしい。

例えば『テイルズ』は追加要素が豊富で、『トラスティベル』の反省をいかしてますが、チュンソフトはやっぱりチュンソフト、オタクの気持ちをくすぐるのが微妙に下手ですね。Wii版はノベルゲームとしての完成度がきわめて高いものの、「完全版」が作れないかと言えば、作る余地が無いとは思えませんし、PSフォーマットで真の『428』が降臨!HDだとこんなに映像が鮮明に!!みたいな昂揚感が欲しかったかな。テレビアニメと劇場版ぐらい違う、というようなオーラがね。


うちのブログで何度か書いてるとおり、Wii市場オンリーではリスキーであって、PSPやPS3にリスクヘッジするのは当然です。『テイルズ』もそうですが、PSフォーマットでリスクヘッジする動きが鮮明になってきました。Xbox360はリスクヘッジにはなりませんしね。

「○○はWii寄り」「○○は360寄り」などという戯れ言は、一部のファンの虚妄であって、メーカーのビジネスの現実とはまったくかけ離れたものです。あ、もちろん、そりゃ世の中にはビジネスの下手な会社もあるわけで、5pb.のように経営が危ぶまれている所もあるし、「まだ死にたくない」と魂の叫びをあげる会社もあるわけですが。

まあ360やWiiで出すのは構わないんだけど、PSPやPS3を後回しにしたり、外したり、そういう姿勢は気持ち良くないですよね。ゲーマーに対して失礼な態度。任天堂の広報支援を受けるために、Wii版オンリーというムードで売ったのかもしれませんけど、そこにファンの素直な願いは反映されていたんでしょうか? 単にメーカーの「政治」の都合ですよね。

そもそも任天堂がCMしたからって、必ずしも売れるわけじゃない。他の事例として、任天堂から『タクトオブマジック』を出しても売れなかったように、任天堂がプッシュしたって売れない物は売れないんです。ユーザーの気持ちを無視して、メーカーの都合だけで突っ走れば、そういう結果になるのは当然でしょう。

独占タイトル商法というか、疑似独占タイトル商法ってのも、古いやり方。カプコンの方法論を業界各社が学ぶべきでしょうね。(参考:「必死な夏、モンハンの夏」に見るソフトメーカーとハードメーカーの関係の変化


エヴァの「破」を観てきました

とんでもないものを観た。
とんでもないものを観た。
とんでもないものを観た。

まだ1回しか観てないけど、もう一度行くと思う。
公開2日間で4回観たという人がいるのも、よくわかります。。
1回だけではもったいなさ過ぎる。
盛り上がりに次ぐ盛り上がりの連続。

レイ、アスカ、シンジ、ゲンドウを中心に、テレビ版やかつての劇場版に比べて各キャラクターの人格も成熟し、より多くの人が共感し、好感が持てるでしょう。これを「リメイク」と呼ぶなら、世の中のリメイクは何なんだという話になるし、とにかく次元が違う。かといって、新作とも違う。既知にして未知。エヴァでしか体験できないものを体験している。

オタクはもちろん多いけど、カップルで来ている客もけっこういたし、客の数と層の広がりが半端ない。桁違いの人気を肌で感じました。とにかく早く観に行った方がいい。

«  | HOME |  »

2009-07

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。