Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ティアーズ・トゥ・ティアラ』、ニコニコ生放送で先行放送。そして中小メーカーの生き残る道とは?

TVアニメ『ティアーズ・トゥ・ティアラ』、TV放送に先駆けてニコニコ生放送
美少女ゲームの皮を被った骨太SRPG、PS3世代のSRPGの先駆者、次世代キャラゲーのマイルストーン、中小ゲームメーカーの鑑、『ティアーズ・トゥ・ティアラ』のテレビアニメ版がこの春からいよいよ放映開始ですが、テレビ放送に先駆けて、第1話が4月3日金曜日の夜8時から1万人限定でニコニコ動画で生放送されるようです。
全文を表示 »
スポンサーサイト

Ys SEVENはアルタゴの五大竜に関する冒険!

日本ファルコム、PSP「Ys SEVEN」 世界設定&最新スクリーンショット公開
ぶらぼぉぉぉぉーっ!
PSPで発売される新作『Ys SEVEN』は、イースファンにとって、これまで設定のみの存在だった「アルタゴの五大竜」のエピソードのようです。一番かっこよさげなエピソードの割りに、今までゲーム化されてきませんでしたからね・・・・これはもはや最大の期待作といってもいいのでは?
シリーズ初のパーティプレイなど、意欲的な要素も盛りだくさんですし、これは9月が待ち遠しいですね。

そういえば、忍之閻魔帳さんによれば、ゲーム機のメーカー別シェアで任天堂が6割近かった状態から5割強へ低下し、SCEとマイクロソフトが伸びているようですね。最近のゲーマー市場の盛り上がりを考えれば、納得の結果です。

ゲーム業界は不況知らずといわれますが、ライトユーザーが消費を控えているのかもしれません。そうなると相対的にゲーマー市場がクローズアップされてきますね。実際『龍が如く3』『バイオハザード5』『真三國無双マルチレイド』といったディープなタイトルが活性化しています。

角川のゲーム部門再生に期待したい

Wii『涼宮ハルヒの激動』(角川)に続き、『涼宮ハルヒの並列』(セガ)が売れていないようです。評価そのものはダンスゲームだった『激動』よりも高く、ジャンルもアドベンチャーゲームと親和性が高かったのですが、初日の販売本数で『激動』(9700本)を下回る5800本だったようですね。

Wii『涼宮ハルヒの激動』はダンスゲームだから売れなかったという説を唱えていた人たちもいらっしゃいましたが、それだけが理由ではなく、やはりWiiの客層には合わないのでしょう。フィギュアで釣ることもできない。

TYPE-MOONのおまけシナリオで引っ張ろうとした『428』の売上を見てもわかるとおり、Wiiにオタク向けゲームを出しても、良い結果は得られません。コンテンツホルダーは、普及台数という表層的な数字で物事を判断せず、ユーザー層が棲み分けている現実を直視した方が良いでしょう。特にセガと角川は失敗が目立ちますね。

角川グループHD、角川ゲームスを設立
ゲームについてはまったくセンスが無かった角川も、ゲーム事業を統合する新会社を設立します。社長にはテクモの社長だった安田善巳氏が就任する予定。これで角川のゲーム事業の「迷走」も収まっていくといいのですが。

近況というか。

いやー、すみません。更新できてませんね。

さて、まずは近況。
配送の手違いで、金曜発売のエロゲーが届かなかったというか、ぶっちゃけ前の住所に送られていた事に気づいて愕然としました。あれ、おかしいな、登録情報直したはずなのに・・・・まあそんなこんなで数日間お預け食らって傷心状態の俺です。

ああ、2次元へ帰りたい・・・・。
全文を表示 »

国内のゲーム人口、急激な減少

BBWatch:家庭用ゲーム人口600万人減、非利用者の4割「他に欲しい物ある」
CESAの調査によれば、ゲーム参加者の人口は2007年の3739万人(30.3%)から600万人減少して3107万人。DSの実用ソフト市場の衰退や、DSソフト市場全体の縮小(Wiiの失速)といった事象を裏付ける結果といえます。
全文を表示 »

PSフォーマットにゲーマー向けタイトルが続々集結

『龍が如く3』の国内出荷本数が50万本を突破したようです。
PS3も少しずつ勢いが出てきましたね。ソフトの充実はまだまだ続くようで、錬金術師シリーズの最新作がPS3向けに発表され、公式サイトがプレオープン。
全文を表示 »

楽しみすぎる

劇場版「魔法少女リリカルなのは THE MOVIE 1st」のPVと複製原画 in TAF2009
シナリオ的には最も完成度が高い1stだけに、えらく楽しみにしております。ついでにゲーム化もしてくれるといいんだが(いや、とらハではなく)。

HDゲーム、活性化

PS3のマーケットがなかなか元気なようですね。
忍之閻魔帳さんによれば、『無双OROCHI Z』が初週10万本突破のようで、コーエーにしても、出して良かったPS3って感じですね。勢いのあるプラットフォームに素早くソフトを投入するのも、ソフトメーカーの経営陣に求められる資質の一つでしょう。

無双OROCHI Z バイオハザード5 龍が如く3
全文を表示 »

Wiiの失速とコアゲーマーのXbox360への移行

今年に入ってWiiの売上が減速しています。
前年比でXbox360が倍増、PS3が微減~維持、Wiiが半減以下の状態です。

昨年後半の『WiiMusic』と『街へいこうよ どうぶつの森』でハードを引っ張りきれなかった影響がハッキリ現れてきました。週間ランキングをみれば、いまだに『WiiFit』でハードを牽引している状態なのがよくわかります。
全文を表示 »

25歳は女の子がもっとも美しく輝く年齢です。今決まった。たぶん。

☆へにょへにょ日記☆彡StrikerS 「【 速 報 】 リ リ カ ル な の は 4 期 決 定 !」
『魔法戦記リリカルなのはForce』
空戦魔導師 高町なのは25才
不屈の魂 いまだ、健在

に、にににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににに25歳ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ!!!!!!!!!!
少女じゃねーっ!
「魔法戦記」って何ですか?

とりあえず新しい美少女マガジン、姫TYPE(ニャンタイプ)は買いってことですね。
わかります。
しかし次は角川なんだなー。学研のメガミマガジンは大丈夫なのか・・・・?

ゲーマー向けとカジュアルユーザー向けの分化はもはや世界的な現象

Wii向けソフトでミリオン連発バンダイナムコ
クリエーターの化学反応で新市場創出を狙う

相変わらず、存在感あふれる発言をくり返す鵜之澤氏のインタビュー。
この人がやっぱ、一番素直だよなー。正直すぎて、大丈夫かと思うこともしばしば(笑
全文を表示 »

え? UMDビデオ?

あー、まだUMDビデオって、まだやってたんだ。
それぐらい存在感が無かったんだけど。
バンダイビジュアル、アニメUMDソフトを1,995円で発売
-52作を4月より順次発売。「ガンダムSEED」も低価格化


と思ってたら、『バイオハザード』のCG映画、BDとDVDだけじゃなくて、UMD版も出てたのか。
もうとっくに淘汰されてると思ってたんだが、PSPが元気になってきた影響ですかね?

CG映画版「バイオハザード」BD/DVD/UMD出荷が150万枚を突破
-日米欧で発売。SPE/カプコンは今後も積極的に連携

今週の新作 Wii以外はゲーマー向けのタイトルが充実

ごらんの有様だよ!

クラシックコントローラで遊べる『ウイイレ プレーメーカー 2009』は5.14発売
クラコンPROが急遽発表されたり、『ウイイレ プレーメーカー2009』がクラコン対応になったり、去年「Wiiリモコンによる新しい操作」を売りにしていたタイトルが続々、クラコン対応を表明しています。ゲーマーを説得するにはクラコン、特にPS型のクラコンPROが必要、という結論なんですかね・・・・。

この動き、サードパーティ主導か、任天堂主導かは知りませんが、リモコン革命って何だったんでしょうか? まー、この春の商戦をみても、Wii市場にはゲーマー向けのタイトルが不足しており、ゲーマー離れが加速しています。焦るのも無理はないかな。

ゲーマーの皆様は「Wiiがどれだけ普及しようと、俺たちが面白いと感じるゲームは出ない」と結論を出したのかもしれませんね。カジュアルユーザー向けのハードとゲーマー向けのハードが分化していく。僕が去年からずっと書いてきた通りですね。任天堂は手を打つのが遅かったよな・・・・。
全文を表示 »

«  | HOME |  »

2009-03

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。