FC2ブログ

 

Latest Entries

『428』クリア

428 ~封鎖された渋谷で~(12/9以降入荷分) 特典 スペシャルDVD「SHIBUYA 60DAYS ~Making 428~」付き
本編を終えて、TYPE-MOONシナリオまで終了。
ボーナスシナリオは我孫子シナリオは未読で、これまでのプレイ時間は20時間ちょっと。

TYPE-MOONシナリオは約2時間。
舞台、時間軸、ノリいずれも、本編置いてけぼりで、逆にいうと、やっぱりいつもの奈須きのこでした。作品内の位置づけとして、奈須きのこ氏が書く必然性も、アニメにする必然性も皆無。TYPE-MOONが生み出したコンテンツはすべて目を通さなければ気が済まない熱心なファンにはおススメ。それ以外のファンは急いで買う必要は無いかな。むしろ特典や煽りに釣られないよう注意。あくまでオマケです。

本編そのものは1つのサウンドノベル作品として、完成度が極めて高く、シナリオの本数を絞り込んだことで、ストーリーも密度感があります。独特のユーモアも健在ですが、シュールな笑いに走りすぎていた『街』に比べて、より万人が楽しめるテイストに抑えられています。

システムは軽快で、ローディングのストレスもほとんど無い。随所で動画と静止画がスムーズに繋がり、演出もこなれています。長年サウンドノベルを作り続けてきたチュンソフトの力が地味に発揮されていますね。

まとめると、
TYPE-MOONファンは回避推奨、街ファンは購入推奨。
って感じですね。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター