FC2ブログ

 

Latest Entries

ゆる~いFPS小説 『バトルフィールドは空騒ぎ』

バトルフィールドは空騒ぎ淺沼 広太
バトルフィールドは空騒ぎ! -週末の旅団- (ファミ通文庫 (あ9-2-1)) バトルフィールドは空騒ぎ!2 -人形遣い- (ファミ通文庫 あ 9-2-2) バトルフィールドは空騒ぎ!3 -蒼空の終末- (ファミ通文庫 あ 9-2-3)
ひさしぶりの本の紹介になる。

このシリーズ、ゲーム小説のひとつ、と言っていいだろうか。
ついこの間、3巻が出て完結したので、一気に読んでみた。なんとも不思議な読後感で、なかなか言語化が難しい。『隣り合わせの灰と青春』のような青春ノベルなのかと思いきや、決してそうではない。かなり軽いノリであり、FPSってこんなに軽いノリだっけ、という疑問もわいてくる。

元になっているゲームはどうやら『カウンターストライク』のようで、小説の中では『アサルトストライク』(AS)と呼ばれている。もともとFPSを遊ばなかった作者が『CS』にハマったのをきっかけに、この小説が生まれた事情を考えると、FPSの楽しさを伝えたいという姿勢になるのはよくわかる。
全文を表示 »
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター