Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由と平等の人道的処刑機械、その名はギロチン 『死刑執行人サンソン』

死刑執行人サンソン安達 正勝

帯に書かれた、荒木飛呂彦のコメントがまず目を引く。『スティール・ポール・ラン』のジャイロ・ツェペリのモデルが、この死刑執行人サンソンなのだという。なるほど。おかげで荒木飛呂彦の絵を思い浮かべながら、この本を楽しむことができた。
全文を表示 »
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。