Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マリオカートWii』、Amazonで予約受付開始! Wiiハンドル同梱で5800円


Wiiハンドル同梱で5800円というお買い得価格で、『マリオカート』がWiiで登場。
『スマブラX』から2ヶ月ちょっとで、WiFiコネクション対応の大型タイトルを投入ですか。XBOX Liveに対してかなり出遅れていたWiiのオンライン対応を一気に取り戻そうとする、つよい意気込みを感じますね。
全文を表示 »
スポンサーサイト

ソフマップだけで1万本以上!? 『ToHeart2 AD』、弾込め完了!

ToHeart2 AnotherDays
超昂閃忍ハルカ

10万本出荷と景気のいい『ToHeart2 AnotherDays』、アキバBlogさんによると、ソフマップに大量の入荷があったようで、倉庫に入れる前の箱だけで2100本以上あり、倉庫の中をふくめてトータルでは1万本以上仕入れているのでは、と予想されてます。
「ToHeart2 AnotherDays」 納品始まる アキバのソフマップは1万本以上かも
全文を表示 »

『MGS4』、6月12日に発売決定

出ないとか、マルチ決定とか、色々いわれていた『MGS4』がPS3で6月12日に発売決定。
SCEも全面協力してプロモーションの大攻勢を掛けてくるでしょうが、キラーソフト第1弾だけに50万本は売りたい。そのためにSCEは何ができるのか。そろそろ本気を出さないと。

欧米では沈みつつある巨船から親玉級のネズミが逃げ出しましたが、そういう状況で腰をどっしり落として根性をしぼり出せるかどうか。企業の「底力」が本当に試されるのは順境ではなく、逆境の時。任天堂はそれをした、セガはちょっとしぼり切れなかった、ではSCEは?


PS3(40GB) クリア・ブラック

PS3(40GB) セラミック・ホワイト

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

機動戦士ガンダムF91

うたわれるもの Blu-ray Disc BOX

本の紹介200エントリーをふり返る

前回の記事で「本の紹介」カテゴリーが200エントリーに到達しました。ここらで索引がわりのエントリーを1つ。
全文を表示 »

未来作家クタラギの栄光と挫折 『美学vs.実利 「チーム久夛良木」対任天堂の総力戦15年史』

美学vs.実利 「チーム久夛良木」対任天堂の総力戦15年史西田宗千佳

未来作家クタラギを正面から評価しなおした本。
色々と残念な部分も多いが、まずはこのPS3逆境の時期にこういう内容の本を執筆した著者と出版した講談社をねぎらいたい。
全文を表示 »

一歩前進。

「ニンテンドーWi-Fiコネクション有料サービス」も発表
手短に。おそらくソフトメーカー各社が喝采の声をあげた……というと、さすがに大げさでしょうけど、ホッと安堵の息をついたんじゃないでしょうか。
全文を表示 »

今週の新作 そしてタマらない一週間が幕を開けた

ひゃっほぉぉぉぅぅっ。『超昂戦忍ハルカ』と『ToHeart2 AnotherDays』で俺のHPゼロ確定。今週は飲み会も多いし、これがホントの酒と女に溺れる日々でしょうか?
全文を表示 »

チャレンジングなサードパーティタイトルが多いWii

昨年末の記事で、ゲームソフトのハード別の売上比率を公開しました。うちのブログではDSを筆頭に、次にPS2、それからPSPと360がかなり強いシェアを占めています。
全文を表示 »

元に戻らない世界であがく者たち 『フルメタル・パニック! せまるニック・オブ・タイム』

フルメタル・パニック! せまるニック・オブ・タイム賀東 招二

Amazonでも堂々の1位に輝いた『フルメタルパニック』最新刊。軍事+ロボットバトル+学園モノという特殊な設定で始まった物語は、今やクライマックスへ向けて加速するいっぽうだ。
全文を表示 »

はかなく、いびつな、人喰いと少女の愛の物語 『MAMA』

MAMA紅玉 いづき

『ミミズクと夜の王』でデビューした紅玉いづきの1年ぶりの新刊。
前作は去年うちのブログで最も売れたフィクションで、だれにでもお薦めできるウェルメイドなおとぎ話だった。紅玉いづきは現代における、新しいおとぎ話の書き手であり、今作は新境地への第一歩だ。
全文を表示 »

今週の新刊 とにかくフルメタルパニック!

じつは今月、消化が追いついてないんですよねー。積みまくっております。
全文を表示 »

伸びていくBlu-ray、そしてHDワールド拡大への期待

先週末、東芝がHD-DVD事業から撤退するという報道が流れましたが、本日、東芝がHD DVD事業を終息させると正式発表しました。
全文を表示 »

今週の新作 THE ゲーマー・ウィーク

『世界樹の迷宮Ⅱ』を筆頭に、今週は『バイオショック』『ナイツ into dreams』『ロストプラネット』とゲーマー大喜びのタイトルが勢ぞろい。各ハードで濃厚なタイトルが出てきます!
全文を表示 »

男らしく読め 『桜庭一樹読書日記』

桜庭一樹読書日記桜庭一樹

サクラバカズキがどれだけ編集から愛されているかがすごくわかる本。
もちろん僕も大好きだ。たぶん多くのファンも、この変な女が大好きなはず。作品以上に本人が愛されている作家だと思う。売れてなかった時代にも、あとがきの面白さには定評があった。そのサクラバが書いた読書日記、面白くないはずがない。
全文を表示 »

なんだか懐かしい話題だな……

なんだか懐かしい話題だな……。
全文を表示 »

『ToHeart2 Another Days』、10万本出荷。そして人肌世界の一歩手前で立ちすくむケモノ。

今月末に発売予定の『ToHeart2 AnotherDays』の出荷本数が10万本らしく、さすがLeaf(アクアプラス)だなーと感心。商売の安定度では他を圧してる感があります。
全文を表示 »

同人的なネット企業/同人的とニコニコ的の違い/みくみく沈静化なの?

まとめてる時間は無さげなんで、適当に書き散らします。
全文を表示 »

Amazonで予約開始! 美学vs.実利 「チーム久夛良木」対任天堂の総力戦15年史

美学vs.実利 「チーム久夛良木」対任天堂の総力戦15年史

(Amazonに書影が無かったので、著者の西田氏が自サイトに掲載した画像にリンクさせていただきました)

西田 宗千佳のPostscript:告知
著者の西田氏のブログで告知されていた本がAmazonで予約受付を開始したようです。発売日は2月21日、来週です。Postscriptはチェック先の1つでした。(本の執筆中に)更新が止まってしまったのは残念でしたが、それだけ本に集中した裏づけでもあります。

ゲーム業界というのは因果なもので、ハードメーカーについて何か書けば、ヨイショかアンチに分類されがち。結果として商業ライターも底の浅いタイトルで煽るような本は書けても、腰の据わった本はなかなか書きにくい空気があります。

今PS3や久夛良木氏について何か本を書けば、編集サイドの影響を含めて、どうしたって内容は偏りやすいし、読者の側がバイアスを掛けて読むのも避けきれません。

「ゲーム業界からでは書けなかった内容」という、著者みずからの太鼓判には俄然、興味がわいてきます。パッと見のタイトルのわかりにくさはかなりの物で(というより長い……)、文字だけでいえば売りにくそう。しかし「プレステ」というわかりやすい単語を廃したことに、筆者の本気を見た思い。


PS3(40GB) クリア・ブラック

PS3(40GB) セラミック・ホワイト

とりあえず整理、というか補助線を引きます。

島国大和のド畜生:小さい軽いゲームの話
うぉっ、1年近く前の記事に言及されてるのか。
正直、当時のテンションを呼び覚ますのもむずかしいんで、整理だけします。
全文を表示 »

PSP、好調持続

忍之閻魔帳さんによれば、先週のPSPの販売台数はDSを上回り、約7万台。DSは国内で普及しきっているわけで、週販でPSPが上回るのは自然なこと。焦点はソフト販売ですが、『ギレンの野望 アクシズの脅威』が初週で10万本を突破しており、絶好調。

ソフト市場が着実に伸びているのがうかがえますね。
バンダイナムコの今期の収益がすでに計画を上回っているのは先日お伝えしたとおり。PSPタイトルの増加は経営的な観点からいって、必然とさえいえます。

買って安心PSPが市場、タイトル、経営の観点から実証されつつありますね。


ハッタリ王子、立つ 『ミスマルカ興国物語』

ミスマルカ興国物語 (林トモアキ

展開のエスカレートがすさまじい『お・り・が・み』や、ひきこもりと電子ウイルスが世界を獲らんとする『戦闘城塞マスラヲ』に続く、林トモアキわーるどの新シリーズがスタート。
全文を表示 »

『テイルズ オブ リバース』予約受付開始、特典もあきらかに

テイルズ オブ リバース 特典 ドラマチックDVD(仮称)付き

傑作『テイルズ オブ リバース』がPSPに移植されます。発売日は3月19日。
予約特典は「ドラマチックDVD ピーチパイ篇」

この予約特典でしかみられない、あのキャラの以外な一面が見られる「チャットドラマ」が復活!とのこと。またジャンプフェスタ2008ステージ映像や声優インタビューなども収録されているそうです。

先日の記事でふれたとおり、バンダイナムコは今期PSP向けソフトが計画を上回って絶好調。第4四半期でも『ギレンの野望』に続き、『テイルズ オブ リバース』も投入され、ますます高まってきました。PSPでの完全新作も期待したいですよね。

失敗から学ぶ業界をめざそう

野安ゆきお氏がブログの中で、きちんと任天堂の不具合にふれており、素晴らしいの一語ですね。コメント欄での指摘を受けて、ではありますが、それでも掲載はひじょうに意味のあることで、ライターとしての信頼をグッと高める良いエントリーです。

ここ最近、ゲーム業界の不具合にふれたライターさんは、他には小野憲史氏ですね。もし僕の知らない人で、この問題に言及している方がいらっしゃったら、コメント欄で教えていただければありがたいです。
カナダ:世界3位のゲーム産業事情を紹介 精神論、残業常態化に苦言も
全文を表示 »

今週の新作 ひそやかに期待高まる2週前

かさぶた。的観点からすると、割りと無風っぽい感じの今週ですが、再来週(28日)発売の『アイドルマスター ライブフォーユー!』に向けて、周辺商品が着々と立ち上がりつつありますね。
全文を表示 »

卒業生の残した傑作 『CARNIVAL』

CARNIVAL瀬戸口 廉也

美少女ゲームのシナリオライター、瀬戸口 廉也氏が引退を表明されたようで、非常に残念です。瀬戸口ファンの筆頭ともいえる、Something Orangeのkaienさんも、「卒業」を惜しむと共に、このまま「幻の作家」として消えていかないかを心配されてますね。
全文を表示 »

ゲーム業界、天国と地獄

元々は次世代機向けの話を書くつもりでしたが、アーケード不況の話が大きくなってるので、まずはそこに触れておきます。(一部、追記しました)
全文を表示 »

«  | HOME |  »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。