Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニケーションによって生み出される孤独 『空の境界(下)』

空の境界(下)奈須きのこ

もう何度目になるか憶えてないが、またも読了。
同人版、講談社ノベルス版、講談社文庫版をすべて購入し、それぞれ何度か読んでいるわけで、信者乙、型月厨乙といわれても仕方ない。でもいいです、なんと言われたって。だって面白いんだから。
全文を表示 »
スポンサーサイト

『サモンナイト』、Amazonで予約受付開始! 特典DVD付き

サモンナイト 特典 特編アニメ収録!サモンナイトMagical Disc付き(DS)

『サモンナイト』1作目のリメイク作品。
オリジナルアニメーションを収録したDVD「サモンナイトMagical Disc」が付いて、Amazonで予約受付が始まりました。アニメの制作は「GONZO」。シナリオ等は不満が多いスタジオですが、映像クオリティは定評があります。発売日は4月24日、プラットフォームはDS。

DSは大容量ROMを使えば、ある程度ムービーが収められるものの、コスト増につながるのも確か。ムービーを多く使いたいソフトはPSPで出す、という選択肢になりやすいのですが、特典DVDを付けて補完するという手は確かにありでしょうね(ストーリーの中にムービーが密接に絡むアドベンチャーゲームでは使えませんが)。

アジアンファン、必読 『薔薇のマリア 8 ただ祈り願え儚きさだめたちよ』

薔薇のマリア 8 ただ祈り願え儚きさだめたちよ十文字 青

本当に読者を驚かせる展開が好きだな、この作者。
アジアン編に突入したこの巻は、読者全員の予想を大きく裏切ってくれる。エヴァンゲリオンの25話、26話をはじめて見た時の衝撃に近いというと、大げさだろうか。
全文を表示 »

ゲームとネットの間にあるもの

ブログでは「飯の種」になる話は極力避けてきて、特にこちらに移ってからはゲームデザインの話もほとんど書かないようにしてますが、ちょっと以下の記事に反応。

4Gamer: ダレット代表取締役社長 稲船敬二氏ミニインタビュー
全文を表示 »

今週の新作。ハルヒ祭りですよ。

今週最大のキラータイトルは世間的にはもちろん『大乱闘スマッシュブラザーズX』。次いで『デビルメイクライ4』が注目作といえるでしょう。一方、うちのブログではやはり『涼宮ハルヒの戸惑』が圧倒的な人気っぷり。2008年トップセールスの座は現時点でおそらく不動。ライトノベル読者層とゲーマー層の両方を読者として抱えるブログならではの結果でしょうか。
全文を表示 »

「生徒会の一存」、Amazonで品切れ!

Google検索「生徒会の一存」で飛んでくる人が増えていたのですが、平和の温故知新@はてなさんによれば、『生徒会の一存』を取り上げている書評サイトがかなり多いようです。その影響か、ついにAmazonでも品切れ。
全文を表示 »

おー、マックのコーヒーが評価される日がこようとは!

近所にミスドとマックが両方あるんですが、ドーナツはミスドで買って、コーヒーだけマックで買ってました。味はやっぱりマックの方が評価高いみたいですね。
全文を表示 »

吉田戦車を思い出しましょうでFA?

デジタルエンタメ天気予報:テレビゲームの根元的な欠点とは?
年が明けてからの内容がひどすぎて言及する気も失せるほどでしたが、はてなブックマークでも誰も触れてなかったので、手短に。
全文を表示 »

布です。

抱き枕とシーツはもはやエロゲの予約特典として珍しくなくなってきたわけですが、どちらもオーガストで揃えられました。
ヤバくね、俺?
全文を表示 »

持ってて良かったPS3。ピュアHDの驚愕!

『うたわれるもの』のBlu-ray Disc BOXがついに発売になりました。
DVD BOXが出てから1年経たずに発売したのはかなり早いリリースといえますが、もともとHDマスターのアニメだけにBlu-ray Discの恩恵は以前の『AIR』とは比べ物にならないようです(『AIR』はBlu-ray化する際、アップコンバートしてHDにしていました)。
全文を表示 »

今週の新刊

今月はちょっとゲームが盛りだくさんなんで・・・・という訳でもないんだけど、少なめです。
全文を表示 »

SFはメタゲーム 『リピート』

リピート乾 くるみ

SFの名作『リプレイ』+ミステリの古典『そして誰もいなくなった』=乾くるみ『リピート』
宣伝文句がやや大げさな気もするが、SF的なルールとミステリの仕掛けを組み合わせた良質な作品なのは間違いない。
全文を表示 »

ほとんどのPS2ユーザーが移行した!?/移行してない!?

マルガの湖畔さんの1月22日の記事が非常に興味深いですね。
PS2で30万本以上売れていたシリーズのハード別の販売割合を掲載しておられます。DSとPSPの携帯ゲーム機に過半数のユーザーが移行している計算になり、WiiとPS3には同程度。PS2には約3割のユーザーが残っているという計算です。

ちょっと解釈が難しいなと感じるのは「携帯機と据置機を区別すべきかどうか」ですね。
全文を表示 »

雑談×雑談×雑談×雑談×雑談 『生徒会の一存』

生徒会の一存葵 せきな

4人の美少女と1人のエロ少年が毎回毎回、生徒会室で雑談して、雑談して、雑談するだけの連作短編小説。262ページの大半がひたすら雑談に費やされ、事件らしい事件は何一つ起こらない。

読むのは時間の無駄だろうか。
その通り。無駄が嫌いな人は今すぐ「戻る」ボタンを押すことをお薦めする。
だがそもそも娯楽とは無駄を楽しむことではなかったか?
全文を表示 »

今週の新作と予約開始

春商戦に向けてPS3向けの大作を準備中のセガ。
3月発売の『龍が如く 見参!』に続いて、4月の『戦場のヴァルキュリア』がAmazonで予約受付を開始。
全文を表示 »

これぞ公式ファンブックの手本 『まぶらほ ~凛の巻~』

まぶらほ ~凛の巻~築地俊彦

うちのブログで『まぶらほ』を取り上げる回数は意外と多い。なにしろこれで4回目だ。
しかし長いこと続いているシリーズ(現在23冊)なので、なかなか新規読者が入りにくい。正直取り上げてもあまり売れない。人気が無いのではなく、既存のファンはアマゾンで買うまでもなく、すぐに買っているのだろう。紹介しても新しい読者を増やせないのは残念だが、それでもいい。
全文を表示 »

2007年下半期ライトノベルサイト杯投票

2007年下半期ライトノベルサイト杯
初参加させていただきます。
前回はうっかり投票期間を過ぎてしまったので、今回は忘れないうちに。毎回準備に手間を掛けていらっしゃるのが地味にすごいなと思います。
全文を表示 »

ご存知ですか? 八月は拡大している

そして八月は大きく、
大きく、
無限大に・・・・
全文を表示 »

「超昂閃忍ハルカ」で飛んでくる人が増えてきた。

発売まで残り1ヵ月半、徐々に増えてきた感じでしょうか。
全文を表示 »

桜庭一樹、第138回直木賞をゲット! おめでとうございます!!

あとがき女王・桜庭一樹が『私の男』で第138回直木賞を受賞しました。すごい。
現役ライトノベル作家の受賞は、村山由佳に続いて2人目です(桐野夏生が別ペンネームでライトノベルを書いていたのを入れると3人目)。
全文を表示 »

今週の新刊

今週は『空の境界』の下巻が出ますし、『ザ・サード』のひさしぶりの最新刊も登場。ホントに待たされましたねー。
全文を表示 »

アップル、戦略を転換

AV Watch:米Apple、「Apple TV」を値下げし、ビデオレンタル対応
日本のみならず、米国でも失敗だったApple TV。
アップルは価格を70ドル値下げしたほか、本体ソフトウェアをアップデートして、iTunes Music Storeの楽曲をApple TVで直接購入できるようにするそうです。
全文を表示 »

『コール オブ ディーティー4』と『涼宮ハルヒの約束』が再入荷

Amazonで品切れになっていた2タイトルが共に入荷しています。待っていた方は今のうちに。
全文を表示 »

ゲーム企業は全社員に読ませるべき 『失敗は予測できる』

失敗は予測できる (中尾 政之

『ニンテンドーDSが売れる理由』を紹介するとき、僕は「松下は全開発社員に買って読ませるべき」と書いたが、その論法で言うなら、ゲーム企業各社はこの本を全社員に読ませるべきだろう。
全文を表示 »

明るい未来と打ち砕かれた偏見。いいじゃない、いいじゃない、PSP

先日の記事に続いて、またもPSPの話題。
忍之閻魔帳:新型PSPの購入者アンケートから見えてくる、PSPの「泣きどころ」
SCEの発表した新型PSP購入者のアンケート結果を忍さんが紹介してます。キラーソフト不足という課題が浮き彫りになった一方で、新型以降、女性ユーザーの比率が上昇していることも明らかになりました。ユーザーの間に根づいたPSP所有者についての「偏見」や「誤解」を解く良いきっかけになったのではないでしょうか。
全文を表示 »

今月の新作ゲーム オタまっさかりの1月商戦

共食いする気かっ! と叫んでしまいかねない程、色々出てくるわけですが。
『School Days L×H』と『らき☆すた 陵桜学園 桜藤祭』が発売延期した影響で、固め撃ちになってます。とりあえず買うだけ買っておくしかないか!!
全文を表示 »

ズレを抱えて生きている 『ROOM NO.1301 しょーとすとーりーず・ふぉー』

ROOM NO.1301 しょーとすとーりーず・ふぉー新井輝

これで186番目の書評になるが、その間に新井輝作品を取り上げるのはこれで6回目。変態さんが好きなんですねと言われるとチト返答に迷うが、変人さんが好きなんですねと言われると即肯定せざるを得ない。
全文を表示 »

我々を打ちのめす生命の現実(ノンフィクション) 『生物と無生物のあいだ』

生物と無生物のあいだ (福岡 伸一

去年売れに売れまくった科学ミステリー。
現実(ノンフィクション)が小説(フィクション)を凌駕することを痛烈に実感させられる。
全文を表示 »

«  | HOME |  »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。