FC2ブログ

 

Latest Entries

自分自身と向き合え! 『刀語カタナガタリ 第10話 誠刀・銓(ハカリ)』

刀語カタナガタリ 第10話 誠刀・銓(ハカリ)西尾維新

「はっ」
 笑う。
 奇策士とがめは、力なく笑う。
「そんなこと、言われるまでもなく考えるまでもなく、わかっておったよ――あやつの性格は、わたしがもっとも苦手とした人間にそっくりだ。あの物言い、もったいぶった喋り方。ふざけた態度、砕けた態度、そして――何より、わたしに肉体労働を強いるというこの嫌がらせ。七花、これはな、わたしがもっとも苦手とした男が、いかにもやりそうなことなのだよ」
「はあん」
「飛騨鷹比等」
 とがめは言った。
「あやつの性格は、わたしの父親に瓜二つだ」
鑢七花と奇策士とがめの刀集めの旅も、ついに10本目。
刀のありかはなんと、とがめの生まれ故郷、陸奥の百刑場。先の大乱を率いたとがめの父が、七花の父の鑢六枝に惨殺された土地である。無残に荒れ果てたままの原野で、突如出現した仙人・彼我木輪廻がとがめに1つの課題を命じる。
全文を表示 »
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター