FC2ブログ

 

Latest Entries

洗練された無駄というマンネリズム 『まぶらほ ~じょなんの巻・に~』

まぶらほ ~じょなんの巻・に~築地俊彦

ライトノベルにおけるラブコメ小説の最長記録を打ち立てたんじゃないだろうか?
ホントに息の長いシリーズだと思う。
あとがきによれば、ドラゴンマガジンでの連載回数があの『スレイヤーズ』に次いで2位になったそうだ。すごい。

レッド、レッド、レッドオーシャンのライトノベル界で、これだけ長く生き残っていれば、もはやマンネリは1つの「芸」の域に達している、と言っていい。マンネリ芸に関しては『水戸黄門』や『暴れん坊将軍』『火曜サスペンス劇場』に匹敵する。

8年の間に文章は無駄が取れ、リーダビリティが向上した。しかしあくまで書きつづられるのは、いつものドタバタであり、日常という名の「無駄」である。洗練されたベテランの技で、無駄なことだけを書く。洗練された無駄という概念自体、矛盾しているような気もするが、飽きないマンネリズムとはそういうものではないか。
全文を表示 »
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター