Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wii失速で見えてきた据置ゲーム機衰退の可能性

日本で広がる「Wii失速」という認識

9月17日~9月23日の週間ランキング(メディアクリエイト)
新型PSPの発売週。PSPが27万台売れ、大成功のスタートを切ると共に、他のハードが軒並み不調でした。とりわけWiiは晩夏以降、下降する一方に思えます。夏前は週間7万台以上売れていましたが、週間3万台を割り込み、2万台以下への落ち込みも懸念される下降っぷりです。神通力、切れた?
全文を表示 »
スポンサーサイト

息子と親父のガチンコ勝負 『世界平和は一家団欒のあとに 3』

世界平和は一家団欒のあとに 3 父、帰る (橋本 和也

正義の味方という宿命を背負わされた一家のホームドラマ、第3弾。
2巻の書評で期待したとおりに父親が登場。ようやく一家全員そろい踏み。家族モノを書く以上、父親の存在は外せない。
全文を表示 »

同人ゲームの商業化が活発に?

同人ゲームの商業化といえば、『ひぐらしのなく頃に』や『メルティブラッド』が挙げられますが、昨今の流れを受けて、続々と同人ゲームの商業化が発表されています。

また、Flashで制作されたノベルゲーム『ミッドナイトヴァージン』が話題になってきてるご様子。個人的にはtalestune制作の『収穫の12月』をプレイ中。地味に日常を描いている作品で、大きくヒットする感じはしませんが、まあ何となく。ライトノベルのイラストレーターとして活躍中の上田夢人氏に惹かれて……ですね。

コトノハデイズ、呪詛完了

ゲーム版に引き続き、アニメ版も数々の伝説を生み出してきましたが、これはすげえなあ。本気でゲームを超えてきた……。みんな、感想でこう言うと思いますが、本気でこれをテレビ放送しようとしてたのか?

血が黒ければいいという訳では……ないよね?
むしろ黒の方が怖い。呪詛っぽくて。

エット、コレハナニカナ?
ナニカナ……?
グギャ、ギャギャギャギャ、ギャッギャッ!
…………………………
………………
…………
…………
全文を表示 »

ひさしぶりの神坂一。そんなことより 『ドアーズ』

ドアーズ 1神坂一

当代のライトノベル読みにとって、最初に読んだ作品、原点は何だろうか?
僕の年代ならば、『ロードス島戦記』を挙げる人は多いだろう。しかし少し若い世代になると、やはり『スレイヤーズ』を挙げる人が多そうだ。
全文を表示 »

アニメ『School Days』第1巻、呪詛開始

School Days 第1巻(初回限定版)

呪詛か何か知らんけど、身体のあちこちから悪いものが噴き出してきてる気がしますが、悪いヤンデレに引っかかったんでしょうか、俺。
そんな今日この頃ですが、ついに『School Days』1巻が発売。

言葉様がまだ幸せだった頃の甘いメモリーをかみ締められるのは1巻だけ!
これから堕ちていくのだと思えば、大切な時間は200%増しに思えるはず。

アニメがNice boat.な最終回を迎えたため、DVDが出るのを待つしかないという状態ではあるのですが、原作ゲームを発売しているOverflowが第12話の試写会を開催するそうです。開催日時は詳細未定ですが、なんと今週! 参加資格は「未開封」の『School Days』または『Summer Days』を持参すること。

そりゃ開封済みのソフトだったら、えらい人数になるのはわかりますが、あらためて買えということですか、そうですか。相変わらずやることが微妙にエグいのが、Overflowらしくて素敵です。ま、そこでこれを流したら、Overflowは紙

時間軸のズレた作家、西尾維新 『刀語カタナガタリ 第8話 微刀・釵(カンザシ)』

刀語カタナガタリ 第8話 微刀・釵(カンザシ)西尾維新

12ヶ月連続刊行の刀狩り道中記もついに8冊目、第2部終了。
奇策士とがめの永遠のライバルがいよいよ姿を現した。

何事も肯定し、決してあきらめない不屈の意思を持つのが奇策士なら、あらゆる物を否定しつくす不屈の意思を持つのが「否定姫」。白髪で赤目、子供のような背丈(ロリー)のとがめはかわいらしい異形だが、正反対の彼女もまた日本においては美しき異形の存在。徹底的に正反対の存在が、実は一番相似しているのかもしれない。相変わらず、キャラ立てが巧みな作家である。
全文を表示 »

iPod touchに不具合って……

22日から出荷開始されたようですが、まだボクん所には出荷しましたメールさえ届いてません。28日までには出荷されるそうですが、それはさておき、なんだかエラい事になってるご様子。
全文を表示 »

PSP新生!ついに花が咲いたね☆PSP-2000、好発進☆

PSP新型 PSP-2000

新型PSP「PSP-2000」の販売が好調なようですね。
先週は『クライシスコア -ファイナルファンタジーVII』との同梱版を先行発売し、新型と旧型をあわせて約10万台を販売。ひさしぶりにDSを追い抜き、堂々のトップを飾りました。また今週も、発売日に13万台を売り上げて、発売初週の16万5000台を上回る可能性があるようです。
まさにPSP新生というにふさわしいスタートを切りました。
全文を表示 »

リタイアの物語 『働きマン』

働きマン 4安野 モヨコ

風の音はひどく耳を打ち

父の言葉は闇へと吸い込まれ

そこだけ抜き取られたみたいだった

「女はなれないの」

「じゃあ作ればいい」
偶然というものはあるものだ。
その時、自分が考えていることと妙にシンクロする本に出会うことがある。だから読書はやめられない。
(参考:「堕落する準備はOK?」 リアルってレベルじゃねーぞ。あなたには身に覚えがある選択肢?

この4巻を読むと、実に多くの働きマンたちが「リタイア」している。リタイアといっても、程度は様々。一時休止の意味もあれば、無期限休止もあるし、リスタートも含意する。
全文を表示 »

呪詛おわるとき 『ネクラ少女は黒魔法で恋をする』

ネクラ少女は黒魔法で恋をする 2熊谷 雅人
ネクラ少女は黒魔法で恋をする 3
ネクラ少女は黒魔法で恋をする 4
ネクラ少女は黒魔法で恋をする 5

自分の容姿に自信が無い、クラスでも空気みたいな存在感だし、嫌な仕事を押し付けられやすく、内心すんごいウルトラ毒舌を吐いているけど、口には出せない。いつも背を曲げてうつむいて歩いているし、家ではローブを着て黒魔法に凝っている。なにしろあだ名が黒魔法だ(本名が空口真帆で、クウロまほで黒魔法)。明るくて運動が得意な、正反対の妹にも悪口を言われている。気にしないけど、腹は立つ。

そんなネクラ少女の物語。
全文を表示 »

バカ3乗! 漢たちの熱い戦い! さあ理想郷へ! 『バカとテストと召喚獣 3』

バカとテストと召喚獣 3井上 堅ニ

「いいか、俺たちの目的は一つ! 理想郷への到達だ! 途中に何があろうとも、己が神気を四肢に込め、目的まで突き進め! 神魔必滅・見敵必殺! ここが我らが行く末の分水嶺と思え!」
『『『おおおおっ!』』』
「全員気合を入れろ! Fクラス、出陣るぞ!」
『『『おっしゃぁぁーっ!』』』
 一つの崇高な目的の為、今僕らFクラスは一つになった。

3巻にしてバカ3乗。
全クラス合同の強化合宿において、やるべき事はたった1つ。女子風呂を覗違う! かけられた疑いを晴らすこと、名誉を回復することに他ならない。
全文を表示 »

26年間の結晶! 官能小説にこめられた文芸とは? 『官能小説の奥義』

官能小説の奥義永田 守弘

著者の永田守弘氏は「ダカーポ」で創刊以来26年間、「くらいまっくす」という官能小説紹介コラムを執筆している。これまでに読んだ官能小説は1万冊を超えるという。まさに官能小説を語るにふさわしい人物であり、その1つの結晶が『官能小説用語表現辞典』である。
全文を表示 »

呪詛系エンターテインメントとでもいうか。

『School Days』がまた1つ伝説を作ったようです。
テレビ神奈川の最終回、前代未聞の事前告知無しで急遽番組差し替え。

はてな匿名ダイアリー:誠死ね
社内ブログで紹介したネタですが(ていうか、こんなものを社内ブログに書くな、俺)、この「誠死ね」は立派な呪詛ですね。アニメ観て、彼氏と意見が分かれて、喧嘩した末に別れる。ネタっすか? と言いたくなるような話ですが、これが『School Days』となると冗談じゃ済まないから、不思議です。
全文を表示 »

すべてを呪詛する毒舌文体 『ネクラ少女は黒魔法で恋をする』

ネクラ少女は黒魔法で恋をする熊谷 雅人

ライトノベルにおいて大切な要素は、なんだろうか?
イラスト。うん、否定できない。
キャラクター。そうだね、魅力的なキャラこそ、ライトノベルのエンジンだからね。
ストーリー。ま、グダグダなのも時々あるけど。
文章力。……そりゃ無いとね。いちおう。

これらに加えて、忘れてはいけないのが作家ならではの独特の文体だ。
ライトノベルに決定的な転換点(ターニングポイント)をもたらした『スレイヤーズ』の神坂一や、『ブギーポップ』の上遠野浩平、戯言シリーズの西尾維新、『空の境界』の奈須きのこ、『キノの旅』の時雨沢恵一、『涼宮ハルヒ』の谷川流といった例を引くまでもなく、ライトノベルにおいて文体は、作家の独創を具現化する最強のツールであり、言語化された肉体そのものに他ならない。
全文を表示 »

あるいはとてつもない日本のゲーム業界 『とてつもない日本』

とてつもない日本麻生 太郎

秋葉原で演説会&握手会を開催したローゼン麻生こと、麻生太郎氏のまぎれもない快著。
このブログの以前からの読者なら、ご承知のとおり、僕は熱烈な日本肯定論者である。とりわけゲームに関しては、自分で言うのもなんだが、熱烈というより爆裂している日本肯定論者だと思う。

この『とてつもない日本』を矮小化して、『とてつもない日本のゲーム業界』に書き直せば、そのまま通用する。そして僕がこのブログや以前のブログで主張してきた事とも大きくかぶる。ゲーム業界関係者は全員、この本を買って読むべきだろう。CESAも東京ゲームショウでこの本を配ったらどうだ? それぐらいの価値がある。
全文を表示 »

9月の定点観測

先週の日曜は溜まっていた疲労がドッと出て、さすがにグロッキー気味でしたが、今日は割と体調が良く、3本書評を書いてエントリーを書き溜める余裕があるほど。働いた時間はこの1週間のほうが多いんですけど、身体の回路が切り替わったかな。

さてゲームショウを前に、9月に入ってからのニュースを紹介。簡単に考察を。余裕無いんで、腰が入ってないですけどね。勘弁、勘弁。
全文を表示 »

それは秀吉という概念 『バカとテストと召喚獣 2』

バカとテストと召喚獣 2井上 堅ニ
←右下の美少女が秀吉拡大
「ふむ。それでは着替えるとするかの」
「ちょ、ちょっと秀吉! ここで着替えるの!? きちんと女子更衣室で着替えないとダメだよ!」
 純情少年の僕と妄想少年のムッツリーニにその刺激は強すぎる。
「……最近、明久がワシのことを女として見ておるような気がするんじゃが」
「気のせいだ。秀吉は秀吉だろう」
「うん。雄二の言うとおりだよ。秀吉は性別が『秀吉』で良いと思う。男とか女とかじゃないさ」
「……俺が言ったのはそういうことじゃない」

2007年ナンバーワン、バカ小説の第2巻。今回は学園祭編。
チャイナドレスのヒロインたちに加えて、馬鹿の代名詞にして美少年の明久のメイド服姿が登場。1巻の頃は、まともだった面々まで、着実にバカになってきてるのが恐ろしい。バカウィルスが着実に学園に蔓延しつつあるよ、いいのか。
全文を表示 »

お守りは重りになることもあるよね。

この手の「お守りは何がいい?」議論に混じる気はないんですが、ゲーム関係者も混じってるだけに、例えば学生さんが読んで、変な誤解が生じるとイヤだなーと思って、いち意見を。
全文を表示 »

とてつもない首相登場? 『とてつもない日本』

とてつもない日本麻生 太郎

読まずに書評するという試みは1度やってみたかった。
たとえば題名で内容を想像し、書評した後、実際に読んでみて答えあわせをするとか。しかし今回は、別にそういう趣向をこらしたいわけではない。単純に時間が惜しいのである。

この本、前から興味はあったのだが、最近忙しいので、つい買いそびれていた。しかし麻生首相の可能性が急浮上している今、読むにはちょうどいいタイミングである。本来なら読んでから、お薦めするべきだが、この機を逃すのはかなり惜しい。ボクも買うので、皆さんも買いませんか、というお誘いであり、それをもってまず「本の紹介」としたい。

忙しすぎて動けるのは日曜日の午後からだが、なんとも読むのが楽しみである。その間に政局が動いて、興がそがれないといいのだが。では、また。

虚構と現実の最終決戦 『レジンキャストミルク 8』

レジンキャストミルク 8藤原 祐

虚構と現実の戦いの物語もついに最終巻を迎えた。
主人公の晶と硝子は、両親である樹と鏡、そして【無限回廊】に最後の戦いを挑む。結局、この戦いは1つの家族が真っ二つに分かれての決戦で、家族間の愛憎劇だった。

謎らしい謎はほとんど全て、前巻までで暴かれているため、今回はラストバトルを中核にすえている。戦いに望む主人公たちの最後のひと時。そして家族どうしの激突。現代学園異能は、途中で空中分解したり、打ち切られる作品も少なくないだけに、きちんと着地したことをまず評価したい。
全文を表示 »

美少女ゲーム的ヤンデレからの脱却 『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 善意の指針は悪意』

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 善意の指針は悪意入間人間

世間はいつのまにやらヤンデレブーム。
『ヤンデレ大全』なんて本まで出版されるご時世である。しかし以前も書いたが、ライトノベルにおいてはヤンデレは意外と少ないのである(少なくとも知名度は低い)。

例えば、はてなダイアリー「ヤンデレとは」を参照しても、ライトノベルの実例は1つも挙げられていないし、Wikipediaでも同様である。おもにPC系美少女ゲームやそのアニメ版で活躍することが多い。

そこに燦然と輝く1人の少女が降臨した、誰あろう、まーちゃんである。この『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』シリーズは、問答無用のヤンデレ小説であり、従来のライトノベルのヤンデレ水準をはるかにぶっちぎっている。
全文を表示 »

今日もニコニコ 9月11日

初音ミク HATSUNE MIKU

やー、最近MAD動画の紹介が滞っていましたが、録音した声優の声をもとに、リアルに歌声を合成する音声合成ソフト「VOCALOID2」が話題になってますね。
萌え理論Blog:人工音声ソフト「初音ミク」まとめ
全文を表示 »

やはり1年戦争だった 『プレステ3はなぜ失敗したのか?』

プレステ3はなぜ失敗したのか?多根清史

最初に断っておきますが、この本は読んでないので、「書評」ではありません。このエントリーも本の紹介カテゴリーには入れてません。
全文を表示 »

バカ、バカer、バカestの学園ゲーム小説 『バカとテストと召喚獣』

バカとテストと召喚獣井上 堅ニ

問 以下の文章の( )に正しい言葉を入れなさい。
『光は波であって、( )である』

土屋康太の答え
『寄せては返すの』

教師の答え

君の解答はいつも先生の度肝を抜きます。

吉井明久の答え
『勇者の武器』

教師のコメント
先生もRPGは好きです。

「バカ」の比較級は「あんた、バカぁ~」の「バカぁ~」だが、最上級はなんだろうか。ふとそんなことを考えた。この本はライトノベル読みの中で、評判が非常に高い作品。第8回えんため大賞の編集部特別賞受賞作である。今年の2月に登場し、はや3巻まで出ている。

コメディが好きな読者には間違いなくお薦めできるが、真面目な小説でなければ読みたくないという人はここでブラウザの「戻る」を押した方がいいだろう。
全文を表示 »

iPod touch発表で日本での「iPhone=黒船」効果は期待できない?

iPhoneの脅威が減った日本のキャリアは喜んだかもしれませんね。

Apple iPod touch 8GB

Apple iPod touch 16GB

率直にいえば、ボクも個人的にはありがたい。本当にありがたい。
だって携帯電話をiPhoneにしたくないけど、ポータブルプレイヤーはiPhoneにしたかったから。iPhoneでは普通のケータイほど高速に文字を打てない気がするんですよね。iPhoneのために既存のケータイをあきらめるのは、苦渋の選択でした。そういう人は、ひそかにかなり多かったんじゃないでしょうか。
全文を表示 »

iPod touch登場!

絶対買う!
つか買った!
ぽちっとな。

Apple iPod touch 8GB

Apple iPod touch 16GB
全文を表示 »

「かしこい生き方」についての補足

欲しいものを欲しいと言う 『私、おバカですが、何か? 偏差値40のかしこい生き方』
もしかしたら誤読されるかもしれないな、と思ったので、いちおう補足しておきます。これは、ツンデレ話(ほ、本当はほしいんだからね!)でもなければ、酸っぱいぶどう(そ、そんなもの、大した事ないんだから!)でもないつもりで書きました。

たとえ、その時の自分にとってどれだけ大それた願いや欲望に思えたとしても、ハッキリ口に出そう。才能が無いとか、身の程知らずだとか、口に出して失敗すると恥ずかしいとか考えて、口をつぐんでも仕方ない。自分のプライドにこだわって、「努力している」という状態に逃げるのはやめよう。自分自身の努力なんて別に、気持ちを口にしていい条件でもなんでもない。

いま世の中にこれだけ「努力」や「自己啓発」が流行っているのは、それだけ「努力病」にかかっている人が多いんじゃないか。

欲しいものは欲しいと口にしよう。そうすれば、身近な誰かが助けてくれるかもしれない。今はネットがあるから、見知らぬ誰かが助言してくれることもあるだろう。逆に、見知らぬ誰かに笑われるかもしれないって? 味方ができることより、赤の他人の無邪気な悪意を恐れても何にもならない。

少なくとも、ネットには、自分と同じ願いをもち、自分と同じ悩みをもつ人間が1人は見つかるはずだ。自分は一人ではない。その確信こそ、今の時代のかしこい生き方だと思う。恐れず、こう言おう、わたしはここにいる。わたしはこうしたい。

欲しいものを欲しいと言う 『私、おバカですが、何か? 偏差値40のかしこい生き方』

私、おバカですが、何か? 偏差値40のかしこい生き方深田萌絵

本来なら、この本の内容に言及すべきだが、まずはこの本を読むきっかけとなった2つのブログの記事を紹介したい。
全文を表示 »

超うすいっ! 超軽いっ! アニメのノリを再現した『らき☆すた殺人事件』(≡ω≡)

らき☆すた らき☆すた殺人事件 竹井10日

「……でも、いいんだ。もう沢山の友達を……
殺 し て し ま っ た ん だ か ら」
名前からしてこれほど違和感がある小説も珍しい。
『らき☆すた』といえば、女子高生がチョココロネの話を延々としてるだけのアニメであり、その原作の漫画である。面白さを理解できないブロガーが悲しみのあまりコケコッコーと鳴いたという逸話も残っているとか、いないとか。
その『らき☆すた』と『殺人事件』が合体というミスマッチ。
全文を表示 »

«  | HOME |  »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。