FC2ブログ

 

Latest Entries

ゲーム業界は「パラダイス鎖国」ならぬ「パラダイス開国」

ゲーム業界は「パラダイス鎖国」とは程遠い

「パラダイス鎖国」について、いくつもの有名ブログで話題になっています。
率直にいえば、あまりピンときません。なるほどなあ。大変ですねえ(他人事)。
なにしろゲーム業界は、携帯電話とは真逆の世界なんです。日本市場だけで閉じるなんてあり得ないし、どちらかというと日本市場を切り捨てでも、欧米市場を優先する企業も珍しくありません。

コナミの『MGS』シリーズが良い例ですが、戦略商品の最初の発表会が米国の展示会(E3)なんて事はザラ。ゲーム機の正式なお披露目も、ふつうはE3のタイミングで行います。日本の大手ゲーム企業は軒並み、海外に開発拠点を抱えていますし、ローカライズ能力も年々増強する傾向にあります。

ゲーム機は日米欧3地域の同時期発売が当たり前になりつつあり、ゲーム企業は全世界同時リリースを行う体制を構築しつつあります。アクションゲームのようなテキストの少ないゲームはもちろん、RPGのようなテキスト量の多いゲームでも、同時リリースヘの意欲が高まっています。(純粋なRPGではありませんが)Wiiの『ゼルダ』は昨年末、日米欧の3地域で発売されました。スクウェアエニックスは『ラストレムナント』で日米同時発売をめざしてます。


少子化がうながす、海外重視と国内産業の自己強化

ゲーム業界の海外志向ははるか昔から高いのですが、近年は特に切実さを増しています。なぜなら、娯楽産業にとって少子化は大きな危機だからです。大人になってもゲームを熱心に買い続けてくれる層がいればいいのですが、やはり年齢と共に購買力は落ちていきます。

PS2時代には、ファミコン世代のゲーオタが十分な時間と金を持っていたため、多くのゲーム企業がその層に依存しました。しかしファミコン世代の年齢が上昇して、ゲームに時間と金を使わなくなってくると、とたんに各社の市場シェアが低下し始めたのです。

ここ2~3年は、いちだんと中高年層の開拓海外市場の開拓が急務になってます。良い例は任天堂で、DSとWiiのユーザー拡大路線は大成功をおさめ、海外市場でもユーザー拡大路線を取ることで、新しい市場を開拓しています。同業他社もこの流れにつづき、海外市場重視と中高年ユーザーの開拓を推進しています。

日本の製造業の問題点としてよく指摘されるのは、メーカーの数が多いことです。家電メーカーはその典型で、統廃合を進めて、国際競争力を強化すべきという文章をネットでよく見かけます。また、メーカーが減れば、結果的に大企業が抱える技術者が市場に放出されて、ベンチャー企業などの技術力の底上げになる、という予想もあります。

ひるがえってゲーム業界は、ここ数年でスクウェアとエニックス、バンダイとナムコ、セガとサミーのような大型合併が起きていて、プレイヤーの統廃合が健全に進んでいます。ぶっちゃけ、もう1社か2社ぐらい消えた方が理想的ですけれども。
中堅企業については、インデックスやドワンゴによる買収があり、ゲーム業界=ゲーム機と捉えると、地盤沈下が起きているとみなせますが、携帯電話やPCも有望なゲームプラットフォームなわけで、トータルで見た時の国内の総開発能力は堅調です。

ゲーム企業一般に敷衍するわけにはいきませんが、任天堂の株式時価総額が松下を抜き、ソニーの株式時価総額も抜いた、というのは象徴的な出来事かもしれません。


日本の娯楽産業は世界に通用する

「ゲーム天国」日本の成果物を海外に持っていくというビジネスモデルも、ファミコン以来、成功が続いています。かつて「ポケモンが売れるのは日本だけ」と言われ、「FFが売れるのは日本だけ」と言われ、「nintendogsが売れるのは日本だけ」と言われましたが、結果は皆さんご存知のとおりです。

一時期、ハリウッドと連携を深めた北米ゲーム産業が優位にたつという見解も生まれていましたが、現実には海外でもDSとWiiが成功し、欧米の大手ゲーム企業が続々と路線転換しています。
(参考:娯楽の世界に安泰はいらん。海外ゲーム産業の勢力図を塗り替えかねないWiiとPS3

欧米と日本のゲームユーザーは確かに嗜好が異なっているものの、文化的、社会的にディープな作品ではなく、直感的、感覚的な作品は、地域や人種を問わずに受け入れられています
また日本のゲーム企業は多少の差異は吸収できる程度の研究と経験とノウハウを積み上げています。ハリウッドにしろ、ハリー・ポッターにしろ、マリオにしろ、ポケモンにしろ、本当に面白いものは全世界で通用します。それが娯楽の世界のルールです。

テイストが違う、文化が違う、感性が違う、といった御託は、だいたいにおいて娯楽を知らない人間の戯れ言です。多くの場合、適切なローカライズが行われていなかったり、販路の開拓が不十分だったりするだけのこと。携帯電話は知りませんが、少なくともゲームではそうです。日本が特殊かどうかなんて、つまらない議論で、娯楽の世界はむしろ特殊なことが優位性につながります。


日本人が面白いものはアメリカ人だって面白がるという信念

日本のゲーム業界は「パラダイス鎖国」の真逆、「パラダイス開国」を貫いています。日本という娯楽天国の成果物を、自信をもって、全世界にあまねく届ける。それが日本の娯楽産業の進む王道です。

そもそも標準とは何か、グローバルとは何かといえば、見も蓋も無い表現をすれば、強い奴が自分に有利なルールを「これが普通だ」と僣称しているだけにすぎません。しかもそれを正義だと信じて、自然体で、完全なる善意のもとに、いささかのためらいも、恥じらいもなく実行できる。それは強みですよ、確かに。しかしゲーム業界を見ればいいのです、「日本が普通だ」「日本人が面白いものはアメリカ人も面白いに決まっている」と確信し、見事に成功しています。

日本人にとって大切なのは、「日本は特殊」という殼に閉じこもる事でも、よその連中が決めた標準とやらに合わせる事でもありません。そもそも日本が普通なのだ。地球上にいる残りのたかだか64億人がたまたま現在、日本人と異なるとしても、それがどうした。1億2000万人の日本人が面白いと思うものは、残り64億人だって面白いと思う。

自信を持とう。
過剰な自信? 傲慢?
な一に、恐縮は不要だ。
世界中に兵器を売りつけるわけでも、軍隊を派遣するわけでもない。
世界中の人間の腹を満たすことには敵わないが、世界中の人間を笑顔にするのに何を遠慮する必要がある?

スポンサーサイト



テーマ:▼ゲームの話 - ジャンル:ゲーム

«  | HOME |  »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター