FC2ブログ

 

Latest Entries

成功の生み出したズレ? 不調相次ぐタッチジェネレーション

『もっとえいご漬け』に続いて、『Wi-Fi対応 世界のだれでもアソビ大全』も初週販売が絶不調だったようです。忍之閻魔帳の忍さんが苦言を呈しているとおり、メーカー側の市場認識の甘さが露呈しているように思えますね。
「もっとえいご漬け」「世界のだれでもアソビ大全」の不振は

小手先を変えた程度でもう一度財布を開いてくれるほど
ライトユーザーは甘くない

という現実を任天堂に突きつけているような気がする。
ううむ……空前の実用ソフトブームを生み出した一方で、「出せば売れる」という高ぶった気持ちも生まれてしまったのかもしれませんね。昨年末の『マジック大全』あたりからキナ臭いにおいはしていたものの、『もっとえいご漬け』『世界のだれでもアソビ大全』とやや安易な売り方が目立つようになってきました。「成功は最高の毒になる」という法則を見事に実践しつつあります。

どうもなあ……。
無線LANを前提としたWiiチャンネルにしてもそうですが、任天堂の実用路線が微妙にライトユーザーとズレてきている気がします……。一方で『Wiiスポーツ』のように遊びに力点を置いたソフトは上手く回っていますね。

タッチジェネレーションのタイトルも全部が売れているわけではなく、実際には売れてないタイトルが結構あるんですけどね。ただ、前作が売れているソフトの場合は「不調」と言わざるを得ないですね。

いくつか感じたことを挙げておきます。
  • 1つのテーマを刈り尽くすペースが早くなっている。
  • DSで実用ソフトをやると、効果が高いんじゃないかという期待感は下がっている。
  • アレンジバージョンは通用しない。(『世界のだれでもアソビ大全』はもちろん、『もっとえいご漬け』も普通のユーザーからはそう見える)
  • 『もっと脳トレ』が成功したのは、『脳トレ』がボリューム不足だった事を始め、いくつかの理由がある。むしろ例外的な事例。「もっと」戦略はそもそも成り立たないと考えるべきかも。
  • WiFiコネクションが成功をおさめたといっても、「WiFi」そのものが商品を牽引するほどの魅力は無い。
  • ネット対応の携帯ゲームは増えているが、売れているタイトルは顔の見える距離で遊べるローカル通信にも対応している。コンシューマーゲーム市場において、ネット専用はいまだに敷居が高い。(ダウンロード販売の先行きはまだ険しいかも)

スポンサーサイト



テーマ:▼ゲームの話 - ジャンル:ゲーム

«  | HOME |  »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター