FC2ブログ

 

Latest Entries

ゲーマーが遊んでいないセカンドライフ

いったい誰が遊んでいるの?

少し前に社内ブログに書いた話をこちらにも書いておきます。一時期、IT業界の人や一部のゲーム系ライターが『セカンドライフ』を持ち上げていたのですが、ボクには本当に盛り上がっているようには見えませんでした。

巡回先のゲーマー系ブログはどこも完全にスルーしてますし、洋ゲーマーな人のブログでもまったくと言っていいほど触れてません。日本語版が開始すれば状況が変わるのかもしれませんが、少なくとも現時点で日本のゲーマー界隈では、『セカンドライフ』はまったく流行っていません。

もしかすると、あの複雑なインターフェイスの『セカンドライフ』をライトユーザーが遊んでいるんでしょうか? 冗談にしてもタチが悪い。では、いったいどこにプレイヤーはいるんでしょうか?

プレイヤー不在のブーム

その割にはメディアでの露出はなかなかのものですよね。不思議な話です。と思っていたら、
切込隊長BLOG(ブログ):「セカンドライフ」バブルがうぜえ

少し古い記事になりますが、切込隊長が一刀両断していました。要は、一連の『セカンドライフ』ブーム(?)はかなり意図的に作られたものだということです。ははあ、なるほど、なるほど。そういえば、ゲーム系ライターで『セカンドライフ』を礼賛している人たちって……。

数年前に日本でMMORPGブームが捏造されて、たくさんの投資案件が動いていました。大半がまったく会員数が集まらず、破綻しましたけど、「投資家のみなさん!! これからはPCのオンラインゲーム! その王道がMMORPGですよ!」なーんて感じで、煽り記事がばらまかれていました。しかし煽ってた人たちの努力は虚しく、そのバブルは膨らみきる前に弾けちゃいました。ご愁傷さま。

で、MMORPG投資を煽っていたゲーム系ライターが、今回も『セカンドライフ』を煽ってるわけです。「MMORPG」の次は「3D仮想空間サービス」ですか? ははははは、わっかりやすいねえ、ホント。

ちなみに『セカンドライフ』ですが、ゲーム制作者の間では、意外なほど遊ばれてないですよ。「あー。なんかニュース記事も見かけるし、そろそろ遊んでみないとなあと思います。つまんなそうだけど(苦笑 義務で、ええ、そろそろ」みたいな話はよく聞くんだけどさ。

『セカンドライフ』って、仮想世界の土地ころがし狙って、今のうちに土地を買い占めておきたい業者さん、煽り記事書くライターさんばかりが集まってるイメージなんですよ。プレイヤー不在のブームに見えます。「仮想社会で元銭ゼロで収益無限大」も、「Home@PS3でSCE大勝利」も、ボクには同じぐらい根拠が薄っぺらく感じられるんですが。

そういえば、百式管理人さんが運営していたREAL*REALは更新停止しています。「ノンゲーマーの視点」って聞こえはいいけど、要は『セカンドライフ』バブルで儲けようというIT業界からの視点のブログでした。

エロで伸びた話を隠すなよ(笑

海外においてセカンドライフがアダルトコンテンツで伸びたという話も、日本ではあまり書かれません。ネットで集客力のあるコンテンツはやはりエロですし、ユーザークリエイションといっても、同人市場を引き合いに出すまでもなく、エロがかなりの割合を占めるものです。

そういう実態を正視せず、事実を語らない人たちはやっぱり信用できませんね。オブラートにくるんで出会い系を薦めてるのと変わらんよ。エロがいけないわけじゃない。ただ不必要に隠す人たちの言葉はうさん臭い。
新清士氏はきちんと「性的なコンテンツ」の存在に触れていて、この点は大いに好感がもてます。一方、「動画投稿元年」ならぬ「仮想空間元年」を唱えるあれれ氏は完全スルー。勉強不足か、意図的に触れてないのか、どっちでしょうか。

YouTubeが成功した要因として、リンクが張れる、ブログに貼り付けられる、という点はあったにしても、やはり何と言っても著作権を無視した映像がばんばん投稿されている事実があります。『セカンドライフ』の魅力がエロだけではないのは当然としても、そこも含めたコンテンツの自由度や、生々しい現実感(エロも人生には不可欠。第二の人生にも)が成功に結びついたのは確かです。

Home@PS3でも、アダルトコンテンツはOKなのか、という質問を記者から受けて、SCEの偉いさんが不機嫌になったという話がありましたが、要は「アダルトまでOKかどうか」は仮想空間サービスの1つのポイントとして考えられているわけです。

日本のゲーム会社が仮想空間サービスに乗り出すべきでしょうか。ボクは非常に懐疑的です。大手ソフトメーカー各社はMMORPGに飛びついて苦しんだ記憶を忘れるべきではありません。また、エロコンテンツOKの仮想空間サービスを始める度胸をお持ちでしょうか? 無謀な考えに囚われない、冷静さと真の決断力をお持ちの方には、甘いささやきをする連中に、ズバッと切り返してほしいものですね。

スポンサーサイト



テーマ:▼ゲームの話 - ジャンル:ゲーム

タグ:セカンドライフ  

«  | HOME |  »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター