FC2ブログ

 

Latest Entries

シミュレーションRPGの発売タイトル増加は、ジャンルとして枯れてきたせい?

■シミュレーションRPGの発売本数が大幅増!?

忍之閻魔帳さんがたびたび指摘しておられるように、昨年末から今年にかけて、シミュレーションRPGのタイトル数が非常に多いです。有名タイトルの発売が偶然かぶったというだけではなく、新規タイトルが明らかに増加しています。率直に言って、これは不可解な現象です。

SRPGの分野で近年、大ヒット作は特に見当たらないからです。大ヒットが出たあと、多数のソフトメーカーが群がってくるのはゲーム業界でよく見られるパターンですが、今回のケースはそうではなさそうです。
いくつかの特徴を見てみましょう。
  • 発売ハードを見ると、PS2が5本、PSPが3本、DSが2本、WiiとXBOX360とPS3がそれぞれ1本ずつの計13本。どのハードでも発売されていて、特定のハードでのみ起きている現象ではなさそう。
  • シリーズ物や移植作は多いが、『ジャンヌ・ダルク』『ドラゴンシャドウスペル』『ソウルクレイドル』『エルヴァンディアストーリー』といった新作も多い。
  • フライトプラン、レベルファイブといった定評ある開発スタジオの健闘が目立つ。
  • 圧倒的に剣と魔法の西洋風ファンタジーが目立つ。海外での発売も視野に入れれば、当然といえば当然か。
何となく感じるのは、全体として変わり映えしないという事です。もちろん個別のタイトルにはそれぞれファンがついていて、そのシリーズ独自の特徴を把握しているのでしょうが、かなりのコアゲーマーでなければ、区別がつかないと思います。

■どうしてタイトル数が増えてきたのか?

率直にいって、これほど大量のタイトルを許容する市場キャパシティは無く、共食いになるのは目に見えています。まさにレッドオーシャン、真っ赤っ赤の世界です。では、にもかかわらず、どうしてこれほど大量に開発されているのでしょうか?

まず、ゲームデザインのフォーマットがほぼ固まっていて、コストを抑えて制作できるジャンルです。マップ等の表示は3Dでも、中身は2Dで、SFC以来とくに大きな進歩があるわけではありません。映像表現もRPGに比べれば、かなり低く抑えられます。(バランス調整が命なジャンルなので、そこにコストはかかります)

その結果、XBOX360やPS3のような次世代機でも、開発コストの増加を抑えやすいのです(それでも増加はしてるはずですが)。またハードの性能に依存する部分が少ないので、新ハードの初期段階にタイトルを投入できます。オタク色が非常に強く、大きく売れることはありませんが、ファンを掴むと数が読みやすいのも確かでしょう。

ストーリー表現を重視したゲームを作ろうとした時、RPGは敷居(水準)が高くなってしまいました。3Dのアクションアドベンチャーも、求められる技術水準が非常に高いです。シミュレーションRPGは、そこそこの規模の開発スタジオでも開発可能で、ある程度の数が見込めるジャンルなのですね。

簡単にまとめれば、シミュレーションRPGはジャンルとして枯れてきたといえます。同人ゲーム市場でも、ノベル、格闘、シューティング、落ち物パズル、テーブル、クイズに加えて、シミュレーションRPGの発売本数が増えている印象があります(バランス調整が重要なため、同人で名作が生まれるのは時間がかかるかもしれませんが)。

■レッドオーシャンを越えて

しかしこのままレッドオーシャンを続けていては、未来は暗いでしょう。シミュレーションRPGのマーケットに、新しいユーザーを呼び込む努力が必要です。また、新しいジャンルを開拓する努力も必要です。例えば、キャラクターやストーリーを表現でき、遊びとして比較的近い性質をもったジャンルがすでに存在しています。

ずばり、国盗り型シミュレーションゲームです。

発熱地帯 「まぁこの冬の一番の楽しみは『戦国ランス』なわけだが」
ジャンルの解説は↑の記事をお読みいただくとして、コンシューマーではこのジャンルはほとんど開拓されていませんから、競争相手が少ないというメリットがあります。またキャラクターに愛着を持たせるという特徴は共通ですし、ゲームの内容が異なるとはいえ、パラメータの調整が重要な点は同じですから、戦闘型SRPGの制作者のスキルを大いに活かせるはずです。

アリスソフトが『鬼畜王ランス』『大悪司』『大番長』『戦国ランス』といった名作を発売しています。PC系美少女ゲームという点で食わず嫌いするのは、非常にもったいないです。チャンスロスです。
ボクは予知能力者ではないから、ここに金鉱が埋まっていると約束はできません。けれども『鬼畜王ランス』は配布フリー宣言が出されているので、無料で手に入れられますし、『大悪司 廉価版』は3000円以下で購入できます。クリアしなくても、半日程度遊ぶだけで、どういうゲームかは把握できるはずです。それだけ、たったそれだけの手間を割いて、リサーチするのはさほど大きなリスクではないと思います。まずは少し遊んでみてはいかがでしょう?

強く、強く、強く、強く、オススメします。
そんなに勧めるなら、なんでお前が自分で作ろうとしないんだ? と思われるかもしれません。率直にいえば、SRPGも、国盗りSLGも、ボクの「作りたいジャンル」ではないのです。またボクは、多数のパラメータを細かく調整する仕事があまり得意ではないんですね。

ただ、目の前で起きている「不均衡」がとてももったいなくて、見過ごされている「可能性」が掘り起こされるのを純粋に見てみたい。そういう好奇心から、こういう記事を書いているのです。

うたわれるもの 散りゆく者への子守唄
 (アクアプラス。戦闘部分はフライトプラン)[2006/10/26] PS2

 

ジャンヌ・ダルク
 (SCE。開発はレベルファイブ)[2006/11/22] PSP

 
Riviera ~約束の地リヴィエラ~
 (スティング)[2006/11/22] PSP

 
魔界戦記ディスガイア PORTABLE
 (日本一ソフトウェア)[2006/11/30] PSP

 
サモンナイト4
 (バンプレスト。開発はフライトプラン)[2006/11/30] PS2

 
ドラゴンシャドウスペル
 (フライトプラン)[2007/01/18] PS2

 
ルミナスアーク
 (マーベラスインタラクティブ )[2007/02/08] DS

 
ディアーリオ リバースムーン レジェンド
 (アイデアファクトリー)[2007/02/08] XBOX360

 
SOUL CRADLE(ソウルクレイドル)
 (日本一ソフトウェア)[2007/02/15] PS2

 
ファイアーエムブレム 暁の女神
 (任天堂)[2007/02/22] Wii


聖剣伝説 HEROES of MANA
 (スクウェアエニックス)[2007/03/08] DS

 
ミスト オブ カオス
 (アイデアファクトリー)[2007/03/22] PS3

 

エルヴァンディアストーリー
 (スパイク)[2007/04/26] PS2
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター