Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム小説のお手本かも 『神様ゲーム』

神様ゲーム カミハダレニイノルベキ宮崎柊羽
bk1 amazon
ある日突然神様は言いました、「さあ、ゲームを始めよう!!」と。1ヶ月以内に人間になりすました神様を見つけ出さないと、地球は崩壊することに。しかし神様が隠れた場所は、願いを叶える土地神「かのう様」の支配する土地でした。神様の土地で神様とゲーム。はたして創造主を見つける事ができるのでしょうか。

年末年始に読み始めたシリーズ。スニーカー文庫ではそこそこ推している作品だと思います。タイトルの通り、神様やそれに近い相手とゲームで勝負するお話です。1巻が人間の中に紛れ込んだ創造主を探すかくれんぼ。2巻が人類の進化と退化を司る双子のキララとマイカとの○×ゲーム。3巻、4巻は趣を変えて、「かのう様」を盗み出そうとする謎の集団”黒猫”との対決で、和家の屋敷の中でゲーム勝負。

神様ゲームとは別に、土地神であるかのう様とのゲームもあり、願いの種が蒔かれた人の願いをかなえ、胸に咲いた花を摘み取らなければいけないのです。1巻あたりだいたい3人、願いの種を蒔かれた人物が登場して、1人ずつ問題を解決していく構成のため、長編というより連作短編を読んでいる感覚です。1つ1つクエストをこなしていく感じがいかにも”ゲーム小説”っぽいかな。

4巻が折り返し点らしく、かのう様の秘密の一端が明かされますが、むしろ謎は深まるばかりですね。かのう様がどうして願いをかなえて綺石を集めているのか、神様ゲームの本当の意味がわかるまで、秋庭多加良と読者が振り回される日々は続きそうです。

関連
『神様ゲーム5 カミハナミダヲサガスベキ?』

スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

タグ:スニーカー  神様ゲーム  宮崎柊羽  

«  | HOME |  »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。